検索

何も準備しないのは、責任を放棄したのと同じです!?

何も準備しないまま、認知症になると、 その財産は「成年後見人」の管理下におかれ、 事実上凍結されてしまいます。 人が亡くなると「法定相続人」という法律が 勝手に決めた人たちに機械的に分けられてしまいます! 自分の財産の行方を決める権利が、 他人に任されてしまうことが、本当にいいのでしょうか? 「相続における主役は誰なのでしょうか?」 本来、相続の主役は、相続人ではなく、 本人(被相続人)です! 財産の行方を決める本当の権利を持つのは、 あなた(本人)です! ただし、あなたが主役になるためには、 それ相応の準備が必要です。 先進国の中でも、任意後見をつける人、 遺言書を書く人が極端に低く、民法の法律の不備もあり、 相続争いはおそらく世界最高ではないかと 言われています。 自分の財産は、自分の意思で適切に管理し、 正しい形で次の代に引き継がせるべきです。 法定相続の権利ばかりを振り回す人ではなく、 親孝行の子供や、後継ぎとして頂く人にこそ、 遺してあげるべきではないでしょうか? 何も準備しないのは、責任を放棄したのと同じです!! #認知症 #争続 #

© 2023 by Gracious Dwelling. Proudly created with Wix.com

0776-43-1251   |   info@assetcreations.co

​910-0004 福井市宝永1丁目9-11 ASビル 3F

  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram Black Round