top of page
検索
  • 執筆者の写真山口智輝

なぜ相続で、もめるのか?

更新日:2018年3月7日

相続では、基本的には遺言で、


遺言がない場合に法定相続になります。


ただし、遺言があっても例外として


兄弟姉妹を除く法定相続人には、


相続分の1部を取り返す権利(遺留分)


がありますので、これが相続をもめさせる


大きな原因の一つになっています。






極論ですが、民法では財産を渡したくない


親不孝者の方に強力な権利を与えています。


遺言という財産の所有者の強い意思表示があっても、


渡したくない人にも強制的に権利が発生してしまうので、


相続争いになってしまいます。


したがって、財産の所有者は、自分の想い、願いどおりに


親孝行者が報われるような相続をするためには、


遺留分という権利を振り回してくる者への対抗策を


事前に講じておく必要性があります。


この切り札となるのが、家族信託と生命保険になります!


無料個別面談(完全予約制)https://www.assetcreations.co/kazokusintaku

最新記事

すべて表示

1 comentário


taidef
26 de dez. de 2022

最初に理解する必要があるのは、相続と遺産の違いです。


相続とは、亡くなった人から財産、金銭、その他の物を他の人に譲渡するプロセスです。


遺産とは、死亡時の財産の合計です登録


人々が継承をめぐって争う理由はたくさんあります。これらの理由は、貪欲から復讐までさまざまですが、善意でそれを行う人もいます.

Curtir
bottom of page